サイトへ戻る

第7回ブルノンヴィル・・・

 

みなさま、こんばんは⭐︎

 

 

 

はい!( ◠‿◠ )

 

 

早速ですが、今日は”ブルノンヴィル”をご紹介します

 

 

何回目かでもご紹介しましたが、

 

 

ロマンティックバレエ時代の代表的なバレエのスタイルで、

 

 

妖精や悪魔などを表現したバレエ・・・・

 

 

”ブルノンヴィル”とは

 

 

振付家の名前から来ています。。。

 

 

特徴と言われているのが、

 

大きなジャンプ、軽快でキレのあるアレグロ(早くて軽いジャンプ)、

 

そして演技性が高いということです・・・

 

 

 

 

今回は動画をつけて

 

 

実際、どういう風なバレエが”ブルノンヴィル”と言われているのか?

 

 

お分かりいただけるかと思います・・・

 

 

 

 

今回の映像は、、、

 

 

「ラ・シルフィード」

 

 

 

この映像で妖精を踊られているのは

 

現在、牧阿佐美バレエ団、バレエミストレスで

 

当スクールからも何人かご指導いただいたことがある、

 

志賀三佐枝先生です!

 

 

ブルノンビルの代表的な作品は他にも・・・

 

 

「ナポリ」、「ゼンツァーノの花祭り」

 

 

があります!

 

 

それでは映像をご覧いただいて、

 

 

ドラマティックでダイナミックかつ軽快な踊りを

 

 

ご堪能くださいませ!

 

 

それでは今日はこの辺にしまして、

 

 

 

また次回に〜・・・

 

 

 

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございますm(_ _)m

 

 

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK